リカージョンなし

タグ: 石化 固め とある科学の超電磁砲 | 2012年10月10日 00:58 | Pixivで見る
Pixiv評価 : 1552 閲覧 | 3 ブクマ | 6 投票 | 50 点

うー

ここでメデューサは私のお姉さまに襲いかかり、お姉さまを固めた。
そこでメデューサは私のお姉さまに襲いかかり、お姉さまを固めた。この出来事は私に関して起こった。
そこでメデューサは私のお姉さまを固めた、お姉さまに襲いかかって。
それに関して、メデューサは私のお姉さまに襲いかかった。私はそれを見たと思った。
そこで私は、つまりゴルゴーンは、私のお姉さまに襲いかかった。
そして、ゴルゴーンは私のお姉さまに襲いかかった。
そうして、私は話した。これはゴルゴーンの仕業だと。
そこで私はゴルゴーンについて話した。これは、それが行ったところだ。私は見ると思う。
ああ、私は言った。メデューサがそこで電柱に飛び上がった。
お姉さまについては、ゴルゴーンが襲いかかった。
ゴルゴーンはお姉さまを石化して固めた。そこで私が銃でメデューサを撃った。それは倒れ始めた。
初春に私は言った。車を寄せてくれ。
車を私に寄せてくれ。お姉さまを入れるため。
メドゥサも同じ。それはお姉さまに襲いかかった。
ゴルゴーンはお姉さまに襲いかかった。そうしてそれはお姉さまを石に変えた。
メデューサをお姉さまと同じ車へ入れて。
それをお姉さまと一緒に入れて。それはお姉さまを石に変えた。だから既に死んだ。
初春は車にメデューサの部分を持つ。車を初春が運転して。
お姉さまはそのとき夜の臭いを嗅いだ。そのとき確かに。
それはお姉さまの真上に居る。それはお姉さまに襲いかかり、固めた。
そして、私は話していた。そして、初春の、怪物、彼女、
遠くから撃つな。それを撃ち落せ。
私は素早く行動に移り、ゴミ箱の影に隠れ、それを殺した。そこで息絶えた。
それは死にかけていた。たから、動くことができなかった。
よろしい。そうしてそれはそのようにして死んでいった。そこで死に向かっていった。
すると、初春が、よろしい。彼女が撃った。
すると、怪物はこのように横たわり、死んでいった。怪物は立ち上がった。再び撃った。
それの死は長く続いていた。
それから、私はまた撃って、その膝を砕いた。
その後私はまた撃った。その後私はまた撃った、その後。
それは死にそうだ。死にそうだ。それは強靭だった。
それはそのように死ぬことにした。怪物は動かない。それは本当に頑丈だ。
彼女は死んでいった。あなた、あなたは死ぬのを見ていない。
するとすぐに私はそれを動かした。すぐに。
ただ怪物をあなたは既に見ている。
あなたが見たのはメデューサ。ただ、ゴルゴーンは私を睨んでいない。
さて、ジャッジメントはメデューサを撃った。たった今。
すると、ジャッジメントはゴルゴーンをひどく恐れる。
 よろしい、私の話は終わり。

タグ: 石化 固め とある科学の超電磁砲 | 2012年10月10日 00:58 | Pixivで見る
Pixiv評価 : 1552 閲覧 | 3 ブクマ | 6 投票 | 50 点
小説一覧へ戻る